副業をはじめなさい! > トップページ > 初心者の副業ガイド > 楽しめるジャンルを探す

副収入に役立つ特集

楽しめるジャンルを探す

稼げる副業よりも相性の良い副業

最近、ネットで副業をするサラリーマンが増加しています。その中には普段インターネットとメールしかしない人も多いです。

しかしながら、残念ながら大半の人が失敗しています。人気の副業であるアフィリエイトでは月に3万円以上稼いでいる人が5.2%しかいません。なぜそのような結果になるのかと言えば、答えは簡単で「相性」があるからです。

例えば、結婚したいけどできない人に向かって、「結婚できない人は理想の相手がいないと贅沢を言っている。異性なんてたくさんいるのだから、すぐにでも結婚すべき」とはいかないでしょう。

きちんとお互いの好みや価値観を大切にし、ベストなマッチングをしているから一緒にいられるのです。副業の仕事も同じです。自分に合った仕事はそんなに簡単に見つかるものではないです。その人の個性や特技を無視することはできません。

本業の仕事を選ぶときに就職活動をしたのに、副業になると「ネットは楽に稼げそうだから」と理由で始めてしまうのです。ネットで稼ぐ人はネットが好きだったり、勉強するくらいの意気込みがあったりして、始めから相性の良さが目立ちます。

興味や関心を自己分析してみる

自分の現状を把握しながら、副業に何を求めているかを整理します。これは将来設計にも似た大事な作業です。

「今の本業は収入がちょっと物足りないんだよなぁ。副業で月に3万円でも稼げれば、余裕で貯金もできるだろう。でも、副業なんて続かないだろうし、やるとしても楽しめる仕事じゃないとダメだな…」

副業を成功させるポイントはその仕事を好きになることです。本業を収入だけで選ばなかったように、副業でも楽しさを実感できる仕事を探します。

まずは自分の興味や関心からジャンルを絞っていきましょう。自分の中で興味や関心が定まっていないという人は、これを機に自己分析してみましょう。

「何で今の会社に就職したのか?他の会社はどこを受けただろう?」
「本屋で好きな本を探すことで、興味がある分野に気付くかもしれない」
「途中で諦めてしまったことに、もう1度だけチャレンジしたい」

そうして見つかった分野が本業の経験を活かせるようであれば、効率性を求めていきます。その一方、本業と関係のない分野を副業にしたいと思ったのなら、その仕事で収入以外のメリットが得られるか考えてみましょう。それが癒しや楽しさだけでも充分です。

仕事が好きになってから副業にする

副業で楽しさを見つけるためには、その仕事に好意を抱く必要があります。物事を好きになる要素は次の4つです。

  1    いつも身近にある

最初は抵抗があった仕事でも、2年も3年も続けていれば次第に慣れていきます。自分の近くにある物事には愛着が湧くのです。

副業でも本業に近い仕事、いつでもできる在宅ワーク、勤務地が近いだけでも、そうではないときよりは継続性が高くなります。

  2    詳しく知っている

「慌しいのが苦手だから営業は嫌い、説明が得意だからプレゼンは好き」と自分の強みが好き嫌いに変わっています。よくわからない仕事よりも経験済みの仕事は始めやすいです。

他人よりも知識がある物事に優越感を感じ、その瞬間にモチベーションがグンと上がることも多くなります。

  3    自分と似ている

相手の気を引こうとするときは、「私もあれが好きです。私もそう思います」と価値観を真似することがあります。

自分と同じ大学というだけで、少し親近感を覚えることもあるでしょう。職場でもあなたと近い年齢であったり、同じ能力を持っていた方が働きやすいと感じます。

  4    足りない部分を補う

本業で全てを満たしている人はいないでしょう。やりがいだけで続けていても、単調な波では飽きてしまいます。副業には本業で味わえない経験を求めることで、その物事が好きになる可能性が高まります。

これらの好きになる要素を踏まえると、副業にできそうな物事が絞れてくるのではないでしょうか。